照明用LED-COBソケットとは
Home > 照明用LED-COB専用ソケットとは

商品化の背景

商品化の背景 チップ弊社営業担当が、ある日、お客様より相談を受けました。
 
COB多灯型照明器具で絶縁不良問題が発生し、とても困っているとのことでした。
内容を伺うと、LED-COBの真下に敷く絶縁シートが破けて、絶縁不良が発生しているというお話でした。
弊社営業担当が、ある日、お客様より相談を受けました。
 
COB多灯型照明器具で絶縁不良問題が発生し、とても困っているとのことでした。内容を伺うと、LED-COBの真下に敷く絶縁シートが破けて、絶縁不良が発生しているというお話でした。
商品化の背景 ソケットそこで、セラミック板で熱伝導が良い板であれば、絶縁と熱伝導を両立できるヒートスプレッダとして使用できるのではないかと思いついたのです。
伝導が良いアルミナ96%で、厚み1.6㎜のセラミックス板を提案させていただいたところ、後日お客様より、絶縁問題は解決し放熱にも問題はなかったと、結果連絡をいただきました。

この事がきっかけとなり上部・下部の組み合わせによる2層式ソケットの構想が浮かびました。

LED-COB(チップ・オン・ボード)の性能が急速に向上・進化し、COBを採用する照明器具が増えていく中で、発熱・絶縁・放熱トラブル等の問題解決にお役に立つことを目的に、LED-COB専用ソケットが開発、商品化されました。
そこで、セラミック板で熱伝導が良い板であれば、絶縁と熱伝導を両立できるヒートスプレッダとして使用できるのではないかと思いついたのです。伝導が良いアルミナ96%で、厚み1.6㎜のセラミックス板を提案させていただいたところ、後日お客様より、絶縁問題は解決し放熱にも問題はなかったと、結果連絡をいただきました。

この事がきっかけとなり上部・下部の組み合わせによる2層式ソケットの構想が浮かびました。

LED-COB(チップ・オン・ボード)の性能が急速に向上・進化し、COBを採用する照明器具が増えていく中で、発熱・絶縁・放熱トラブル等の問題解決にお役に立つことを目的に、LED-COB専用ソケットが開発、商品化されました。
セールスポイント

照明器具に採用される理由

セライズの製品は、本体上部、下部に異なる性質のセラミックスを、採用。セラミックスの特性を活かし光反射率、耐熱性能、絶縁性能、放熱性能に優れたCOB専用ソケットです。熱や紫外線による変形、変色、経年劣化などもしない為、LED照明器具発光部の安全性、信頼性を大きく向上させることが可能です。道路灯、投光器、高天井など器具交換ができない場所に設置する器具でも、COBの発熱による劣化やトラブルの心配もなく
安心して御使用いただけます。
セライズののLED-COBソケットは発売から5年経過しておりますが、1件のクレームもありません。

照明器具に採用される理由 画像1
照明器具に採用される理由 画像2
照明器具に採用される理由 画像3

照明を支えるソケット開発メーカー

照明を支えるソケット開発メーカーセライズは1968年の創業以来、半世紀にわたり照明を支えるセラミックとソケットを研究開発してきました。近年、LED(COB)デバイスの高出力化・高輝度化・コンパクト化に伴い、LEDから発生した熱を安定的に放熱できる構造がLED照明器具に求められております。時代の要望に合わせ、LED(COB)を支えるセラミックとして開発されたのが、COBソケットです。セラミック製『照明用LED-COB専用ソケット』なら耐久性が高く、経年劣化・熱劣化がないため、長寿命LED-COBデバイスを安全に使用できます。本体のセラミックスは経年劣化しないため、安定した絶縁・耐圧性能、熱伝導・放熱性能、光の反射率性能を維持します。また、はんだ溶接が不要で、簡単にLED照明器具が組み立てられます。
照明を支えるソケット開発メーカー

照明への取付・組立イメージ

LED-COBソケット部品を用意
LED-COBソケット部品を用意
上部ホルダーにCOBをセットし放熱版との間に挟み込み、上部ホルダーと下部放熱版をスライドさせ重ね合わせる
上部ホルダーにCOBをセットし放熱版との間に挟み込み、上部ホルダーと下部放熱版をスライドさせ重ね合わせる
取り付け用クリップを嵌めて完成
取り付け用クリップを嵌めて完成
LED-COBソケット部品を用意
LED-COBソケット部品を用意
上部ホルダーにCOBをセットし放熱版との間に挟み込み、上部ホルダーと下部放熱版をスライドさせ重ね合わせる
上部ホルダーにCOBをセットし放熱版との間に挟み込み、上部ホルダーと下部放熱版をスライドさせ重ね合わせる
取り付け用クリップを嵌めて完成
取り付け用クリップを嵌めて完成

照明を考えた性能

ハンダ加工不要
COB接続部にリード線付きコイルスプリング接点方式を採用。
ハンダ加工が不要になり、接続部の信頼性も向上します。
絶縁・耐電圧性能・雷サージ性能を6KV以上
本体にセラミックを採用することで、絶縁・耐電圧の問題を解決します。
また、雷サージ6KVに対応しています(COB-Cソケットシリーズ)。
耐久性能
経年劣化・熱劣化をしないセラミック製により、LEDデバイス、発光部の寿命と信頼性・安全性を高めます。
構成される部品においても、HIDランプ、ハロゲンランプ用ソケットで実績がある材料を選定しLED照明器具の宿命である長寿命化ををカバーします。
安定した熱伝導・放射性能
LED照明には「同じ消費電力でも、高ワットで熱くなると光率が悪くなったり、光束が落ちたりする」という課題があります。COBから発生した熱を安定した条件で放熱するためにセラミック製カバー、セラミック製ヒートスプレッダーを採用。放熱設計がしやすい構造です。
組立効率の向上
COBを簡単にユニット化し、LED複数個の直列配線器具にも対応。4連結配線まで対応します。
(250V/600V仕様)
各種オリジナル仕様にも対応
セライズでは、セラミックでの短納期試作(金型なしで1個から制作可)を得意とし、試作~量産までの商品開発にも対応いたします。